レーザー治療
ここではイボに対するレーザー治療について、詳しく説明していきます。

イボの治療において、現在最もポピュラーな治療法がレーザー治療です。形成外科や美容外科などではレーザー治療は最もオーソドックスな治療法と言えるでしょう。イボの治療としてもレーザー治療は確立されていますが、その治療の仕組みやメリットデメリットについては一般的にあまり知られていません。
イボに対するレーザー治療について、さらに詳しく見ていきましょう。


sponsored link



【レーザー治療の仕組み】

イボに対するレーザー治療は、イボの周辺の皮膚にレーザーを照射して皮膚を削り取り、イボを丸ごと切除してしまう方法です。レーザーには様々な種類がありますが、イボ治療には水に反応する炭酸ガスレーザーが主に用いられ、照射された炭酸ガスが皮膚の水分に反応して熱を発生させて皮膚を削り取るという方法となります。術後は患部が凹んだ状態になり、皮膚の修復を促す薬を塗布して皮膚の再生を図る処置が施されます。

【レーザー治療のメリット】

レーザー治療のメリットとしては、主に以下の3つが挙げられます。

即効性

レーザー治療の最大のメリットは即効性です。イボ自体は手術によってすぐに除去されるという点で、最も即効性の高い治療法と言えます。ただし術後の皮膚再生には、個人差があるものの数週間〜数か月かかることは考慮する必要があるでしょう。

安全性

体に有害な成分を使用することはなく、体内に摂り入れることもないため、安全に治療が行えることもメリットとなります。また局所麻酔下での手術となるため痛みをほとんど感じる事無く治療が行われるので、非常に安全性の高い治療法と言えるでしょう。

局所性

イボに対してピンポイントでレーザーを照射する為、局所性に長けた治療法となります。それに伴って完治率も高いのがメリットとなります。

【レーザー治療のデメリット】

レーザー治療がメリットばかりというわけではありません。どのような病気の治療法についてもそうですが、デメリットも知っておくことは重要です。レーザー治療のデメリットとしては、主に以下の2つが挙げられます。

術後のアフターケア

最大のデメリットが、術後に皮膚の再生に時間がかかってしまう事、術後のアフターケアが必要となることです。イボの治療という点では即効性が高いのですが、実際に完治までかかる時間はそこからさらに皮膚が再生するまで、ということなのを考慮する必要があります。また術後の経過を見る為に数回通院する必要もあるでしょう。

保険適用外

レーザー治療は基本的に保険適用外というのもデメリットとなります。保険が効かないと費用が自己負担となるため、規模によっては高額になることも考えられます。ただし、レーザーの種類によっては保険適用となることもある為、あらかじめどのような種類があるのか、どのくらいの費用になるのかなど問い合わせておくと良いでしょう。


sponsored link



このページを読んだ方は次のページもよく読まれています。


⇒ 液体窒素治療

⇒ 薬による治療

⇒ 民間療法

⇒ 顔にできるイボ

⇒ 首にできるイボ

⇒ 手・足にできるイボ




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
yuuzei021★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。