軟性線維腫
ここではイボと似た軟性線維腫について、詳しく説明していきます。

イボのような腫瘍を形成する病気に、軟性線維腫が挙げられます。軟性線維腫とは、首や脇といった衣服などで擦れやすく皮膚が薄くて柔らかい場所に現れる良性の腫瘍です。別名「アクロコルドン」とも呼ばれ、正確には病気ではなく皮膚の変形です。
軟性線維腫について、さらに詳しく見ていきましょう。


sponsored link



【軟性線維腫の原因】

軟性線維腫の原因は、はっきりとは分かっていませんが皮膚が薄くて柔らかい場所に衣服などの摩擦が加わる事が原因と考えられています。30歳以降の女性の方(特に妊娠中の妊婦)によく見られますが、基本的には年齢性別関わらず発症するものと考えられています。
イボのようにウイルスが原因ではないので、他人にうつる心配はありません。

【軟性線維腫の症状と特徴】

軟性線維腫は、皮膚とほぼ同じ色か少し濃い色で、大きさは小さいものから大きいものまで様々です。中身は主にコラーゲン線維で構成されているので、触るととても柔らかい感触がします。触ったりつまんだりしても痛みを感じることは少なく、ほとんどが無症状なのが特徴です。
軟性線維腫の画像

【軟性線維腫の治療】

軟性線維腫は病気ではなく良性の腫瘍なので、放っておいても問題なく治療する必要も本来はありません。ただし外見上どうしても気になるという方が多く、美容外科や形成外科ではよく扱われています。
治療法としては、レーザー治療液体窒素治療によってイボを切除してしまう方法が主流です。イボの形状によっては単にハサミで切ってしまうという方法も取られます。
軟性線維腫では、痛みなどの症状も無く日常生活に支障を来たさないものの場合、健康保険が適用外となってしまう為、治療にかかる費用は基本的に自己負担となっていることも考慮する必要があるでしょう。


sponsored link



このページを読んだ方は次のページもよく読まれています。


⇒ 首にできるイボ

⇒ 尋常性疣贅

⇒ 石灰化上皮腫

⇒ 粉瘤腫

⇒ 皮膚癌




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
yuuzei021★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。