ニキビ
ここではイボとニキビの違いについて、詳しく説明していきます。

イボと意外とよく間違えられるのがニキビです。「イボとニキビを見間違うなんて信じられない」と思う方も居るでしょうが、実際に「ニキビと思っていたらイボだった」というケースは少なくありません。イボとニキビでは治し方も全く違いますから、なかなか治らないニキビだなぁと思っている方はイボの可能性もあるのです。
イボとニキビの違いについて、さらに詳しく見ていきましょう。


sponsored link



【ニキビとは】

まず、ニキビとはどんなものなのか詳しく知っておきましょう。
ニキビには2つの種類があります。10代の頃にできるニキビは皮脂の過剰分泌が原因で毛穴が詰まり、アクネ菌が増殖しやすくなることで起こるもので、これは思春期ニキビと呼ばれます。
対して20代以降のニキビは肌の乾燥や肌荒れによって毛穴が塞がり、皮脂が溜まってアクネ菌が増殖しやすくなることで起こるもので、これは大人ニキビと呼ばれます。
またニキビは正式には「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」という皮膚の病気です。ニキビができるメカニズムは、毛穴が塞がることで皮脂が溜まっていき、皮脂を栄養源とするアクネ菌が次第に増殖することで炎症を起こしてしまった状態です。

【ニキビと間違えるイボ】

イボとニキビでは、上で説明したとおり仕組みとして全く別の病気です。しかし、場合によっては見た目に似た症状を起こす場合があります。顔にできるイボで説明している通り扁平疣贅という種類のイボが挙げられます。扁平疣贅は基本的に肌の色と近い色をしていますが、少し赤みがかっている場合もあり、この場合は見た目にもニキビと間違うほど似た状態になるのです。
ニキビと思って洗顔やスキンケアを入念に行っても、イボの場合はすぐに治ることはありません。そればかりか、かえって広がってしまう場合もあるでしょう。
イボとニキビの違いの画像


sponsored link



このページを読んだ方は次のページもよく読まれています。


⇒ 顔にできるイボ

⇒ 首にできるイボ

⇒ 口にできるイボ

⇒ 扁平疣贅

⇒ 薬による治療




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
yuuzei021★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。