老人性疣贅
ここでは老人性疣贅について、詳しく説明していきます。

加齢とともに体にはシワやシミなどの皮膚の老化現象が付き物です。老人性疣贅もその一つで、「老人イボ」や「年寄りイボ」などと呼ばれ比較的身近に見られるイボです。老人性疣贅は正式には脂漏性角化症と呼び、皮膚の経年劣化、つまり老化が原因となって脂質が固まりイボを形成するものです。名前の通り高齢者に多く見られ老人だけの症状と思われがちですが、20代や30代と若い世代でも見られることがあります。
老人性疣贅について、さらに詳しく見ていきましょう。


sponsored link



【老人性疣贅の原因】

老人性疣贅の原因は、ウイルス感染による他のイボとは違って皮膚の老化現象によるものです。特に紫外線によるダメージが蓄積することや遺伝要素が絡んでいると考えられています。ごく稀に悪性化する場合がありますが、ほとんどが良性のものなので心配する必要はありません。

【老人性疣贅の特徴】

老人性疣贅の特徴としては、体の至る所で発生することに加え、自然に無くなるということはないことが挙げられます。特に日光にさらされる機会の多い場所、顔や首元、前腕などによく見られます。はじめは1oほどのごく小さなものですが、時間が経つと共に徐々に大きくなり、次第に数も増えて目立ち始めます。イボの色は肌の色より少し濃い色や茶色っぽい色から黒っぽい色と様々です。形も一定ではなく、ほとんど隆起しないものや明らかに隆起するものと様々です。
老人性疣贅の画像

老人性疣贅は基本的には良性の腫瘍なので、放っておいても問題ありません。治療する場合でもレーザー治療液体窒素治療などで簡単に治療することが出来ます。しかしごく稀に悪性のもの、つまり皮膚癌の場合もあるので、見つけたら一度検査を受けておく方が良いでしょう。


sponsored link



このページを読んだ方は次のページもよく読まれています。


⇒ 尋常性疣贅

⇒ 足底疣贅

⇒ 扁平疣贅

⇒ 薬による治療

⇒ レーザー治療

⇒ 液体窒素治療



sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
yuuzei021★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。