手足口病
ここではイボと似た症状を起こす手足口病について、詳しく説明していきます。

イボのような発疹症状を起こす病気として、手足口病という病気が挙げられます。夏の時期に子供を中心に流行する夏風邪の一つですが、男性の方は全く知らないという方も多いでしょう。後述するとびひと同様、子供を持つお母さんでも病名は知っていてもどんな病気なのか詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。
手足口病について、さらに詳しく見ていきましょう。


sponsored link



【手足口病とは】

手足口病とは、主に腸管ウイルスであるコクサッキーA16及びその変異型、またはエンテロウイルス71によるウイルス感染症です。毎年夏の時期に子供を中心に流行する感染症で、咳やくしゃみなどの飛沫感染や直接触れる接触感染を起こす病気です。感染から3〜5日程度の潜伏期間を経て発症します。子供に多く見られ、特に1〜5歳頃の乳幼児にかかりやすく、この時期の保育園や幼稚園などの施設内で感染が広がりやすいです。大人でも感染発症するケースはあり、子供に比べて発症しにくい分、発症時には症状が重く重症化しやすい傾向にあります。

【手足口病の症状と特徴】

手足口病では、水疱性の発疹が特徴的な症状として挙げられます。発疹の症状は潜伏期間ではほとんど出ませんが、いったん発症すると10日間ほど続きます。発症から2週間以内にはほとんどが自然治癒しますが、症状が治まっても排便のウイルス排出は1か月近く続くこともあるので、感染源となる場合があります。

水疱性の発疹

手足口病の特徴的な症状として、手足や唇に水疱性の発疹が現れることです。これが病名の由来となっていて、発疹のできる場所は手のひらや指、足の裏や足首、肘や膝、お尻、口周りや口内などに広がります。口内の場合は口内炎と同様の症状になります。発疹は痒みや痛みを感じることは少ないものの、口内炎の場合は強く痛むことがあります。
手足口病の画像

発熱

発熱は全体の3割程度に見られ、発症者すべてに見られるわけではありません。ただし3歳未満の子供や成人後の大人での発症では発熱することが多く、発熱時は高熱になる事もあるので注意が必要です。

下痢・嘔吐

原因ウイルスが腸管ウイルスであることから、下痢や嘔吐など消化器症状を起こすこともあります。嘔吐に加えて頭痛もあるような場合は、ごく稀に髄膜炎を合併している可能性もあるため注意が必要です。

脱水症

下痢や嘔吐、発熱に口内炎症状などが重なると、水分不足に陥りやすく脱水症を合併する可能性が高まります。


sponsored link



このページを読んだ方は次のページもよく読まれています。


⇒ 手・足にできるイボ

⇒ 口にできるイボ

⇒ とびひ

⇒ 帯状疱疹

⇒ 薬による治療




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
yuuzei021★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。