とびひ
ここではイボと似た症状を起こすとびひについて、詳しく説明していきます。

イボと似た発疹を起こす病気に、とびひという病気が挙げられます。正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と呼び、子供によく見られる病気として有名です。イボの中でも水いぼとよく間違えられることが多く、他にも水疱瘡や蕁麻疹にもよく似た症状をもちます。
とびひについて、さらに詳しく見ていきましょう。


sponsored link



【とびひとは】

とびひとは、黄色ブドウ球菌や化膿レンサ球菌(溶連菌)といった皮膚の常駐菌に感染して起こる細菌感染症です。伝染性という名前が付いている通り、他人にも伝染する病気です。普段健康な人の肌は弱酸性の状態で、これら常駐菌が繁殖しにくい環境なのですが、体調不良など免疫力が低下していると感染する恐れがあります。また、アトピー性皮膚炎の方は肌がアルカリ性になりやすい為、さらにとびひを起こしやすい傾向にあります。

【とびひの症状と特徴】

とびひには大きく2種類の状態があり、水ぶくれができる水疱性膿痂疹と、かさぶたができる痂皮性膿痂疹とがあります。どちらかというと水疱性は子供に多く、痂皮性は大人に多く見られるのも特徴です。また、この発疹が痒みで掻かれた際にあちこちに「飛び火」する様から、とびひと呼ばれるようになったと言われています。

水疱性の発疹

いわゆる「水ぶくれ」ができます。この水ぶくれが水いぼや水疱瘡などの症状とも似ている為、よく混同されます。水ぶくれは徐々に膿を持ち、破れると皮膚がめくれてただれてしまいます。この症状は黄色ブドウ球菌に感染して起こるタイプです。
水疱性膿痂疹の画像

痂皮性の発疹

いわゆる「かさぶた」ができます。膿を持った水ぶくれがかさぶたを形成します。炎症が強いため、発熱や喉の痛み、リンパ節の腫れなどを伴うこともあります。この症状は化膿レンサ球菌(溶連菌)に感染して起こるタイプですが、同時に黄色ブドウ球菌にも感染している事が多いです。
痂皮性膿痂疹の画像

強い痒み

イボと違って、とびひの発疹は強い痒みを伴うことがほとんどです。この強い痒みによって手で掻いてしまい、菌が他の場所にも触れて拡大してしまうのがこの病気の特徴でもあります。


sponsored link



このページを読んだ方は次のページもよく読まれています。


⇒ 顔にできるイボ

⇒ 首にできるイボ

⇒ 手・足にできるイボ

⇒ 伝染性軟属腫

⇒ 手足口病




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
yuuzei021★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。