魚の目・タコ
ここではイボと似た病気、魚の目・タコについて詳しく説明していきます。

イボとよく間違えられる代表的な足のトラブルとして、魚の目やタコが挙げられます。「魚の目ができて痛い」と思っていたら、実はイボだった。またはその逆など、ぱっと見ただけでは区別がつきにくいものですし、見ただけで違いが分かるという方もそう多くはないでしょう。
そんな魚の目とタコについて、さらに詳しく見ていきます。


sponsored link



【魚の目とは】

皮膚の深層部の真皮という所まで角質化が進んだ状態の事で、特徴として中央に核と呼ばれる固い芯が出来ます。これが魚の目に見えることから「うおのめ」と名付けられました。医学用語で正式名を「鶏眼(けいがん)」と言います。固くなった芯がある場所は、体重をかけることで周囲の神経を圧迫するので痛みを伴います。靴による摩擦や指同士の接触などが原因となり、指の間や指の付け根などにできやすいものです。また比較的男性よりも女性に多く見られる傾向にあります。

【タコとは】

魚の目と同じように皮膚が角質化し硬化した状態で、魚の目と違って芯がないのが特徴です。タコは正式名を「胼胝(べんち)」と言います。また魚の目は痛みがあるのに対し、タコは痛みがありません。むしろタコが出来た部分は痛みに対して鈍くなっているのが一般的です。赤ちゃんの指の吸いダコや勉強でできるペンダコといった指にできることが多いですが、座り仕事では座りダコと呼ばれるお尻のタコなど指以外にもできることがあります。

【イボと魚の目・タコの見分け方】

イボは主にウイルスが原因なので、魚の目やタコと発生原因自体が全くの別物です。しかし、素人目ではなかなか区別がつきにくいものでしょう。見分け方を以下にご紹介していきます。

痛みがあるかどうか

・痛みがある場合⇒魚の目・イボ
・痛みがない場合⇒タコ
(イボは痛みがある場合とない場合があるので一概には言えません。)

芯があるかどうか

・芯がある場合⇒魚の目・イボ
・芯がない場合⇒タコ
(イボは正確には芯があるわけではありませんが、イボの隆起自体が芯に見えます。)

画像で判断する

タコに関しては見分けることは簡単ですが、魚の目とイボを見分けるのにはなかなか難しいものがあります。そこでせっかくインターネットの情報なのですから、画像を見て判断するのも一つです。
イボと魚の目とタコの画像

sponsored link



このページを読んだ方は次のページもよく読まれています。


⇒ 手・足にできるイボ

⇒ 足底疣贅

⇒ 尋常性疣贅

⇒ 薬による治療

⇒ 民間療法




sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
yuuzei021★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。